女性を怒らせる間違った5つの会話パターン!

怒る猫の画像

ユーモア溢れる会話
女性からの絶大なる信頼を得るためには欠かせないものです。

しかし、その方向性が間違ってしまうと
逆にその女性を怒らせてしまう危険性もあります。

そんな過ちを犯さないためにも
「女性を怒らせる間違った5つの会話パターン」を確認してみましょう。

あなたも知らないうちに女性を怒らせているかも?

1:失礼なジョーク

男友達との会話では、「おまえ、バカじゃねぇ?」みたいな言葉で
お互いを小ばかにし合って友情を深めるパターンもありますよね。

しかし、女性がそう言った冗談を聞くと
「え?わたしってバカなの?」ってガチで真に受ける可能性があります。

もしも女性が何かに失敗してしまったなら
冗談を言うより優しい言葉をかけてあげる方が良いでしょう。

2:外見についてのジョーク

女性は幼い頃から外見には気を使うように教えられているので
男が思っている以上に外見についての冗談には敏感です。

毎日何時間もかけて化粧をする女性を見ていれば
女性にとって外見がいかに重要であるかわかると思います。

超M体質の女性には外見のジョークもありかもしれません。

しかし、無難に女性との会話を楽しみたい場合。

「君の鼻ってスイカみたいにデカいよね!」的な
外見についてのジョークはやめるようにしましょう。

3:暴力的なジョーク

暴力的なジョークは男性同士の場合はよく使いますよね。

しかし、女性で暴力的なジョークを好む人はほとんどいません。

間違っても車でのドライブデート中に
「これから森に連れって襲っちゃうぞ!」みたいなジョークで
女性を怖がらせるのはやめましょうね。

4:下品な言葉を使ったジョーク

おならを利用した一発芸だったり
うんこや小便などの排泄物の話だったり。

下品なジョークは男同士ではウケるかもしれないですが
一般的な感性を持っている女性からは嫌われます。

女性が男とは比べ物にならないくらいに
想像力が豊かであることを考えれば分かりますね。

下品なジョークばっかり女性に言っていると
陰で女性から「うんこ野郎」とか呼ばれちゃうかもしれないですよ。

5:自分自身をネタにしたジョーク

これは女性を怒らせるという方向性からは少し外れてしまいます。

ただ、女性をジョークで楽しませて落としたい人には重要なお話です。

自虐ネタは女性を楽しませるにはいいのですが
その先の恋人関係を築くのがすごく大変になってしまいます。

自分をネタにするような人を女性が見ると
一緒にいて楽しい人だと思う反面
この人との将来は考えられないって思います。

人生を共にする自分の体をバカにするような男
当然、これから人生を共にする自分の体はあずけられないのです。

自虐ネタで女性を楽しませるよりも
ユーモア溢れる会話術で女性を楽しませるようにしましょうね。

女性を怒らせる間違った5つの会話パターンのまとめ

怒っている女性の画像

以上が女性を怒らせる間違った5つの会話パターンになります。

あなたには当てはまるパターンがあったでしょうか?

女性を怒らせる間違った5つの会話パターンのまとめ

  1. 失礼なジョーク
  2. 外見についてのジョーク
  3. 暴力的なジョーク
  4. 下品な言葉を使ったジョーク
  5. 自分自身をネタにしたジョーク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ