女性との出会いがないなんて言わせない!

田舎の風景の画像

まずは最初に上の風景をご覧ください。

ある田舎の風景画像なんですが
周りには山と田園と家しかありません。

周りに若い女性はほとんどいないでしょうし
インターネット回線だってつながらないでしょうし
下手したら電話だって圏外かもしれません。

もしもこんな環境にあなたが暮らしているとしたら
女性との出会いがないというのも納得です。

リアルに女性がいないのですから仕方ありません。

ここで誤解されないように最初に言っておきたいのですが
別に田舎をバカにしているのではありません。

大自然の中で暮らすというのはかなり気持ちがいいですし
現に私が住んでいる場所も山だらけの田舎です。

そんな田舎に住んでいる私でさえ
女性との出会いは星の数ほどたくさんあります。

あなたはどんな所に住んでいるでしょうか?

もしもあなたが都会や普通の街に住んでいるにもかかわらず
「女性との出会いがない」なんて言っているのだとしたら
どうか田舎の山奥で1日頭を冷やして頂きたい。

あなたにはホントに女性との出会いがないのでしょうか?

自動販売機に舞い降りた天使

自動販売機の画像

ある平日の夏の昼下がり
彼はTUTAYAにレンタルDVDを借りるために出かけました。

最近アニメ「シティーハンター」に時代遅れにもハマっていた彼は
自宅から車で40分かかるTUTAYAまでの距離も気になりませんでした。

そして、いよいよシティーハンターを借りることに成功した彼は
とりあえず自動販売機でコーヒーを買いました。

自販機の隣にはベンチが用意されていたので
彼はとりあえずそのベンチでコーヒーを飲むことに。

それから1分もしない頃、ひとりの女性が彼の隣に座りました。

彼はすかさず女性を確認してみると
その女性は容姿端麗でセクシーなミニスカートを履いていました。

あまりに突然の出来事に彼はビックリして(スケベ心が強すぎて)
思わずコーヒーを地面に落としてしまうのです。

そして、飛び散ったコーヒーが女性のミニスカートに・・・

女性は思わず立ち上がり彼を見た。

彼は怒られる覚悟で女性を見た。

そして、女性はすかさず彼に一言。

「大丈夫ですか?」

「ごめんなさい、私がいきなり座ってビックリしたんですね。」

彼の前に天使が舞い降りた瞬間でした。

それから話題はコーヒーが付いたミニスカートの話になり
女性はそれを見てびっくりして笑ったり。。。

そしてしばらくしてから彼は勇気を振り絞って女性にこう言いました。

「コーヒーのお詫びに今からメシ奢らせてください!」

女性は天使の笑顔でうなずきました。

出会いは自分で作るものと知ること

手を繋いだ恋人の画像

自動販売機の物語はいかがでしたか?

この物語は偶然から始まる出会いのようにもみえますが
実は彼、わざとにコーヒーを地面に落としたのです。

まさに計画的犯行です。

彼はワザと自販機横のベンチでコーヒーを飲み
好みの女性が隣に座るのをスケベ心を出さずに待って
そして行動に及んだということです。

彼が自分で手にした女性との出会いだったのです。

彼はナンパに近いテクニックで女性との出会いを作りましたが
実は女性と出会う方法は他にもたくさんあります。

フェイスブックのアプリを利用した出会いもあれば
出会い系サイトを利用した出会いだってあります。

たくさんの出会いのきっかけを利用して
女性との出会いを探してみましょうね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ