女性との会話 彼女いない歴=年齢

沈黙も怖くない!女性との会話を続ける意外なコツ【彼女いない歴=年齢の男性必見】

ジン
どうも、当ブログパーソナリティをつとめるジンです♪

今回はこんなお便りをいただきました。

リスナーさんの悩み

女性との会話が続かず、すぐに沈黙してしまいます。

沈黙している時の気まずさが地獄です!

沈黙せず女性と会話を続けるコツを教えてください。

お便りありがとうございます!!

女性との会話に悩んでいる男性ってけっこう多いんですよね。

 

ところで突然ですが、ネットで「会話を続けるコツ」を探すと

共感しましょう。

聞き上手になりましょう

連想ゲームの要領でやりましょう

みたいなアドバイスをよく目にしませんか!?

 

でも、これら⇧のアドバイスって彼女いない歴=年齢のモテない男性からすると

いや!!抽象的すぎるでしょう!!

って思っちゃいますよね。

 

ボクが全然モテずに非モテだった頃、このようなアドバイスをしてくる人がいましたが、

「いやいや、それができなくて困ってるんだが!!」

と心の中でツッコミを入れてたりしました。

 

ということで、このページでは彼女いない歴=年齢のモテない男性でもすぐに使える会話のコツを紹介していきます。

 

沈黙が怖くて女性との会話が不安!!

という男性には有益な情報満載だと思うのでじっくりと読んでももらえらと思います。

当ブログについて

当ブログは「彼女が欲しい男性へ贈るジンの恋愛放送室」ラジオをモチーフにしております。

読者さんのことをカッコつけてリスナーとか読んだりしてますが、そのへんは気にせずに楽しんでもらえたらと思います。

沈黙も怖くない!女性との会話を続ける絶対的な前提条件とは

会話が苦手、沈黙が怖いと思っている男性に、まず覚えておいて欲しいのは、

「会話は場所選びがすべて!!」

ということ。

 

モテない君
チョット待ってよ!それは大げさでしょう!!

なんて思うかもしれませんが、大げさでも何でもなくホントのホント。

 

順を追って説明していきます。

多くの男性は「何を言うか!どんなことを話すのか!」については考えます。

しかし「どの場所で会話するか!どの店でお喋りするのか!」についてはあまり深く考えることはしません。

なんとなくオシャレだから、カップルが多いからという理由だけで店を選んでいる男性はたくさんいます。

 

そして店員さんにうながされるままにテーブル席についてしまう。

じつは、この時点であなたの敗北は決定しているのです。

 

まだ付き合っていない女性と会話するときは絶対にテーブル席についてはいけません。

テーブル席に座ってしまうと女性と仲良くなれないのです。

 

テーブル席のように対面で座るのを対立構造といいます。

テレビ討論番組、将棋、チェス、などこのように座りますよね。

そしてこれらに共通するのはお互いが敵同士ということです。

 

面白いものでこの構造って太古の昔から変わってないんですね。

だから敵同士が停戦を結ぶため同じ席に着くときも必ずこの対立構造になります。

 

で、話を戻しますと、女性と仲良くなりたいならこの対立構造になってはいけないということ。

モテない君
じゃどうすればいいのさ??

横並びに座るのがベストです。

 

以下のようにイラストで見るとよりイメージしやすくなると思います。

【テーブル席】

 

【カウンター席】

同じ無言状態でも上のイラストは気まずい感じがするのに、下のイラストでは気まずさはあまり感じませんよね。

それはテーブル席が対立構造に対し、横並びなどのカウンター席は共闘構造だからです。

メモ

共闘構造とは「一緒に頑張ろうぜ!!」というように目的地まで協力していく構造のことです。

もともと対立構造であるテーブル席に座ってしまうと沈黙したときに気まずい感じになりやすいんです。

でも、カウンター席なら自然と仲間意識が芽生えるので、かりに会話がなくても気まずい感じにはなりません。

 

会話が続かない、沈黙してしまうと悩んでいる男性は会話の方法に注目するりも先に場所選びを間違わないようにしましょう。

でないと、いくら会話技術を磨いて頑張っても、会話が続かないという悩みから解放されません。

 

女性と会話する場所として理想なのはカウンター席もしくはL字のテーブル席です。

沈黙の正体を知って沈黙を回避しよう

多くのモテない男性は

会話がない=気まずい沈黙

と思ってしまいがちです。

でも、実際はそうじゃないんです。

 

気まずい沈黙の正体は

お互いが沈黙を意識しつつ視線が合うことで起きる現象

のことです。

 

ここで注目して欲しいのは以下の2つ

①男女がお互いに沈黙を意識すること

②視線が合いやすいこと

ボクが横並びであるカウンター席を推奨しているのは、「①男女がお互いに沈黙を意識すること」「②視線が合いやすいこと」の両方を回避できるからです。

会話が続かない男性必見!沈黙破りの会話術

テーブル席よりもカウンター席のほうが沈黙になったときのダメージを抑えられるということは理解してもらえたと思います。

デートするときは、あらかじめカウンター席またはL字のテーブル席のある店を予約しておくなどしておくといいでしょう。

 

また食事デート以外でも、

・ドライブデート

・映画館デート

・カラオケデート

なら横並びでデートできます。

では、ここからはより具体例に沈黙しないための会話術を紹介していきます。

沈黙破りの必殺技①
失敗エピソードを用意しておく

男性の中にはあらかじめエピソードトークなどを用意している方もいるかと思います。

エピソードトークを用意しておくというのは賢い方法なのですが、やってしまいがちなのが自分の成功体験を話してしまうことです。

 

たとえば、

・仕事が成功したときのエピソード

・資格に合格したときのエピソード

・受験に合格するまでのエピソード

などなど。

 

しかし、これらは会話として盛り上がりません。

なぜなら、女性は男性のエピソードにそれほど興味ないからです。

もちろん相手がこちらに好意がある、又は彼女彼氏の関係であるという場合は話が別です。

 

特別な関係でもない限り、あなたの成功体験を話しても

ルカ
うわーステキ💓

とはなってくれないのです。

 

気立てがよく優しい女性なら興味のあるフリをして

ルカ
うわーすごいですね~

なんて言ってくれるかもしれませんが、内心は「ふぅ~疲れる…」とか思われていたりします。

 

用意しておくのは成功エピソードではなく失敗エピソードなのです。

 

ぶっちゃけ失敗エピソードなら何でもいいです。

たとえば、

・靴下を間違えて別々にはいてしまった。

・友達に送ったはずのLINEを母親に送っちゃった

・トイレの大に同僚が入っていると思って話しかけたら知らない人だった。

などなど。

 

こういう失敗談を自信を持って打ち明けることで

ルカ
マイナスの面をキチンと見せてくれるなんて、信用できそう!!

と思ってもらえるようになります。

 

多くの男性は自分の失敗エピソードを語ることを嫌います。そんなことを話して女性に幻滅されたらイヤだからです。

だから安パイで平凡なつまらない話に終始してしまうのです。

 

でもね。女性はそんな話をたくさんの男性から聞かされていて、もう飽き飽きしているんですよね。

とくに可愛い女性であればあるほど似たような話を聞かされています。

 

だからこそ、堂々と失敗談を語ることでギャップ効果が生まれ、その中に男らしさを感じてもらえるのです。

 

ちなみに、自分には失敗エピソードなんてない…って方は「笑える 失敗エピソード」とかで検索して丸パクりしちゃうのもありだと思います。

モテない君
えっ!でもそれって嘘をつくってことでしょう!?

もしかしたら、このように嘘をつくのはヤダと思う方もいるかもしれませんが「誰も傷つけない嘘」なら問題ないと思います。

そもそも、相手の女性もその話が真実なのかどうかよりも、その話が面白いかどうかで男性のことを判断しているので。。。

沈黙破りの必殺技②
何でも大げさに表現する

普通に女性の話を聞いてそれに普通に返していても会話で盛り上がるのは難しいです。

淡々と会話しているとネタがなくなったときにそのまま沈黙してしまいます。

 

そこで、

あえて大げさに表現してみる

という手法と取り入れてみるといいでしょう。

 

けっこう簡単でハマれば会話だけでかなり盛り上がることができます。

沈黙破りの会話例①

たとえば、あなたが陸上をやっていたとします。

女性:へぇ。〇〇君って陸上部だったんだ!?じゃ足とか早いの?

男性:うん、めっちゃ早い!今なら世界新も狙えるんじゃないかな!

女性:えー^^ウソばっかり^^

男性:何言ってんの? ウサインボルトに陸上教えたのオレだよ!!

女性:いや年齢おかしくない??

大げさに言うのは何でもいいです。

ただし、ポイントがあって女性がツッコミやすい感じを出してあげると会話が続きしやすいです。

今回の例で言えば、

女性:えー^^ウソばっかり^^
女性:いや年齢おかしくない??

このような言葉を言われるようにもっていくという感じです。

沈黙破りの会話例②

では、もう1パターン紹介します。

女性:〇〇君って好きなことある?

男性:うーん。食べることとかかな!?

女性:えっ!!私も好き、どれくらい量食べる?

男性:めっちゃ食べるよ。ギャル曽根とタメはれるし

女性:えーそんなに!?ウソだー^^

このように大げさにいうだけで抑揚がついて、会話が弾みやすくなるのでオススメです。

 

男性は「物事を正確に伝えなければならない」という固定観念にとらわれがちです。

だから脚色せずにありのままを伝えようとします。でも、女性は会話に正確な情報のやり取りを求めていません。

ここが男性脳と女性脳の大きな違いです。

 

だから言っている内容が事実かどうかなんてどうでもいいんです。

とは言っても、価値観に関することは正直にありのままを語ったほうがいいです。

なぜなら、それは人間の根幹部分のことだからです。

しかし、それ以外の部分では脚色したり、大げさに言っても問題はありません。

繰り返しですが、女性にとって重要なのはあなたの情報ではなく、あなたという人柄であり、一緒にいて楽しいと思えるかどうかなのです。

【まとめ】

女性と会話を続けるためには、前提条件として場所選びが重要になります。

【会話に適した場所】

・カウンター席

・L字のテーブル席

【会話に適さない場所】

・対面のテーブル席

【沈黙の正体】

お互いが沈黙を意識しつつ視線が合うことで起きる現象

カウンター席またはL字のテーブル席で話すことで気まずい沈黙を回避しやすくなる。

【沈黙破りの会話術】

沈黙破りの必殺技①:失敗エピソードを用意しておく

沈黙破りの必殺技②:何でも大げさに表現する

-女性との会話, 彼女いない歴=年齢

© 2022 彼女が欲しい男性へ贈るジンの恋愛放送室