彼女の作り方

本気で彼女が欲しい男性が最速で彼女を作る方法【最短1ヶ月を目指しましょう】

ジン
どうも、当ブログパーソナリティをつとめるジンです♪

今回はこんなお便りをいただきました。

リスナーさんの悩み

出会いがないので彼女ができません。

でも、本気で彼女が欲しいです。

どうすれば彼女を作ることが出来ますか!?

お便りありがとうございます

このページでは本気で彼女が欲しい男性が最速で彼女を作る方法を紹介しています。

 

・クリスマスまでに彼女が欲しい

・夏までに彼女が欲しい

・彼女を作って友達に自慢したい

このような想いを持っている男性に読んで欲しい内容となっています。

 

当ブログを参考にしたところ1ヶ月で彼女ができましたという嬉しい報告も届いています。

本気で彼女が欲しい男性が彼女を作るためにすべき行動

突然ですが、あなたが望む未来とは何ですか!?

もちろん、彼女を作ることですよね。

 

しかし、あなたが望む未来を手に入れるためには、いまの行動から見直す必要があります。

というのも「彼女ができません…」という男性は無意識のうちに彼女ができない行動をしていることがあるからです。

まずは自分の行動が彼女を作ることに繋がっているのかチェックする必要があります。

本気で彼女が欲しい男性がすべき行動

本気で彼女を作るためには「出会いを増やす」ことが重要です。

 

理由は簡単で彼女を作る方程式は以下の数式であらわすことができるからです。

出会いの数✖恋愛スキル=彼女ができる確率

 

恋愛スキルが歌舞伎町№1ホストくらいにバカ高ければ、少ない出会いをものにして一撃で彼女を作ることもできるでしょう。

しかし、ボクたち一般ピーポーはそんなスキルを持っていません。

だから出会いの数を増やしつつ彼女ができる確率を上げていくしかないんです。まずは動きましょう。

 

おそらくこのページを読んでいるリスナーさんは恋愛初心者が多いと思います。

なので、いきなり難易度の高いナンパで彼女を作りましょう、みたいなスパルタ塾のようなことは言いません。

あなたにあった出会いを紹介していきます。

難易度の低い出会いを量産する

出会いを増やすコツはライバルが弱く難易度の低い出会いを選ぶこと。

【条件にあう3つの出会い】

・友人の紹介

・婚活サイト

・マッチングアプリ

結婚相談所はライバルが弱く難易度も低いですが、入会するのに高額の費用がかかります。また、女性もお金を出して入会しているので結婚願望が強く彼女が欲しいというだけの男性には向きません。

30代以降の男性で結婚も視野に入れつつ彼女が欲しいという場合は結婚相談所もありだと思います。

ちなみに婚活サイトは結婚相談所よりもかなりライトな感じなので彼女を作る目的で登録しても大丈夫です。

友人の紹介してもらう

遠回りといえば遠回りですが、紹介してくれそうな友達を増やしていくという方法もあります。

男友達、女友達、どちらでもかまいません。友達の友達から紹介してもらえるということもあり得ます。

 

しかし、友達絡みの合コンは彼女を作るのには向いてないので参加は見合わせたほうがいいです。

理由は他の男性と比較されるから。

あなたがイケメンで気配りもできて会話上手ならば合コンに参加しも勝ち目はありますが、そうでないなら合コンに参加するだけ無駄です。

 

負ける勝負はしない

もう芸能界を引退した島田紳助さんの言葉です。

 

あなたの求める結果を望むなら負ける行動はしてはいけません。

ただし、女性になれるという目的で合コンを利用するぶんには問題ありません。

婚活サイト・マッチングアプリに登録する

婚活サイト・マッチングアプリに登録しましょう。

30代中盤以降なら婚活サイトのほうが彼女を作りやすかったりします。ただし注意点として婚活サイトは女性も有料なのでマッチングアプリほど外見のいい女性はいません。なので婚活サイトとマッチングアプリを併用するのもありだと思います。

20代の男性ならマッチングアプリ1本で十分です。

 

婚活サイトマッチングアプリとも大手を選んでおけば間違いありません。

【大手婚活サイト】

・ユーブライド
・ゼクシィ縁結び
・ブライダルネット

【大手マッチングアプリ】

・Pairs(ペアーズ)
・Omiai
・with(ウィズ)

>>Google検索してみる
※マッチングアプリ名をコピーしておくと検索するのがラクです。

登録しただけではダメ

登録しただけで、女性から積極的なアプローチがあるのは出会い系サイトくらいなものです。そして積極的にアプローチしてくる女性はサクラか業者です。

婚活サイトやマッチングアプリは運営がしっかりしているのでサクラはいません。

そのかわり適当に待っているだけでは彼女を作ることもできません。

 

マッチング率をあげるためには「あなたが何者なのか?」を相手の女性にわかりやすく伝えることが大切になります。

そうしないと女性は安心してメッセージのやり取りができないからです。まずは自分をオープンにする自己開示から始めましょう。

 

自己開示することで相手から信頼されマッチングされやすくなるのです。

プロフィールを充実させる

見栄えのよい写真を用意する

といったことが必要になります。

本気で彼女を欲しい男性が知っておくべき彼女を作るまでの流れ【完全解説】

早く彼女が欲しいと思っている男性は

知り合う⇒彼女にしたい

と「いきなり彼女」を作ろうとしてしまいます。

 

しかし、女性との距離を急に縮めようとすると女性の警戒心はMAXになります。

なぜなら、女性は男性と違って時間をかけて男性のことを知りたいと思うからです。

 

女性は妊娠というリスクを抱えているため本能的に男性を吟味したいという思考になります。

【彼女になるまでの段階】

  1. 知り合い
  2. 友達
  3. 友達以上
  4. 彼女

女性はこのような段階を踏んで男性と付き合います。

 

それではこれより、それぞれ段階別のポイントを解説していきます。

「友達まで発展できるのにその先に進めない」

などの悩みを抱えている方は彼女を作るための自然な流れがわかると思います。

まずは知り合いになること

彼女を作るための第一段階として女性と知り合わなければなりません。友達からの紹介、婚活サイト・マッチングアプリなんでもいいです。

 

繰り返しですが、このときに大切になるのが自己開示です。

女性との距離を縮めようとする前に「自分が何者でどんな価値観を持っているのか」女性に示しましょう。

 

ただし、女性はあなたのスペック(情報)に興味はありません。

女性が知りたいのは

・どんなことで喜ぶのか

・どんなことで悲しむのか

・どんな趣味を持っているのか

というあなたという人柄がわかることです。

 

友達の紹介であれば、女性に質問する前に自分はどういう人間なのかを示すといいでしょう。

ネットでの出会いならプロフィール欄には女性に共感してもらえる価値観を明記しておくことです。

すると次第に女性から興味を持たれるようになります。

 

話しやメッセージが盛り上がったところで連絡先を交換を打診してみましょう。

きちんと自己開示がされて女性の不信感を払拭することができていれば、OKを引き出しやすくなります。

LINEで仲良くなりつつ友達段階を目指す

連絡先を交換してLINEでやり取りできるようになったら、最初におこなうことはお互いの呼び名を決めることです。

間違っても「広瀬さん」のように苗字に「さん」付けしてはダメです。

会社の取引先にLINEするのではないので、「下の名前」や「あだ名」などで呼ぶようにしてください。

とはいえ、いきなり「すず」とか彼氏づらして呼び捨てにするのもNGです。

 

「ボクは周りから「ジン・ジン君・ジン王子」って呼ばれているんだけど、広瀬さんはなんて呼ばれているの?」

みたいに聞けは相手の女性も教えてくれます。

 

ポイントは自分の呼び名を紹介するときに堅苦しい「〇〇さん」みたいな選択肢は入れないことです。

そうすることで相手の女性も

「うんとね「すず・すずちゃん・ヒロポン」って呼ばれてる」

みたいな感じで教えてくれます。

もし、可能ならそのままの流れで敬語も外すように提案してみましょう。

 

苗字を呼ばない

敬語を外す

この二つをするだけで驚くほど女性との距離が縮まります。

LINEで盛り上がる

連絡先を交換して間もないのに

モテない君
良かったら今度の週末デートしませんか?

みたいなLINEを送ってしまう男性がいます。

呼び名を決めることで急速に仲良くなったような感覚になるかもしれませんが、なんの戦略もなくデートに誘っても断られる可能性が高いです。

 

【デートに誘うための戦略】

  1. 返信間隔を女性に合わせる
  2. 文章量を女性に合わせる
  3. デートへの伏線をはる

①返信間隔を女性に合わせる

女性が1日に1回しかLINEしてこないのに、男性が1日に3回も4回もLINEしてしまうと女性に「ペースの合わない人」と思われて敬遠されてしまいます。

女性が1日に1回ならあなたも1日1回返信する、1時間おきにLINEしてくるならできるだけ同じ間隔に合わせる、このようにするとこで女性の無意識に相性の良さを植え付けることができます。

②文章量を女性に合わせる

女性が1行のメッセージに対してあなたが5行くらいの長文で返信してしまうと「重い・うざい・怖い」という女性に嫌われる3ヵ条を思いっきり満たしてしまいます。

短いメッセージには短いメッセージで返信し、長文には長文で返信するというのを心がけてください。

③デートへの伏線をはる

ある程度の仲良くなった段階でデートに誘いましょう。

とはいえ、なんの脈絡もなく「いきなりデート」に誘っても女性は返事に困って「とりあえずNO」と断れてしまう可能性があります。

そこで、あらかじめデートのOKがもらいやすくなるように伏線を打っておくのです。

 

まずは、どんなデートをするか先に決めておく必要があります。一番誘いやすい「食事デート」に決めてしまうのがいいでしょう。

【食事デートの利点】

・デート時間が短い

・断られるリスクが低い

・デートが盛り上がりやすい

食事デートはデート時間が短く、心理的負担も少ないので断られるリスクが低いです。

 

食事デートの伏線として以下のような質問をしておきます。

・何系(和食・イタリアンなど)の食べ物が好きなのか?

・どこでご飯をたべるのか?

この伏線を入れることで自然に女性を食事デートに誘うことができます。

 

たとえば、焼き肉の話題で盛り上がった女性に

「昨日友達と焼き肉パーティー!楽しかった」

みたいなLINEを写真付きで女性に送れば

「うわぁいいな~私も行きたい」

「ズルい…美味しそう」

という反応が返ってくるので。その流れで女性を食事デートに簡単に誘うことができます。

ポイント

ぶっちゃけ、「友達と焼き肉にいった」というのは嘘でもかまいません。

写真がなければTwitterなどで拾ってもいいです。

ここでは、女性を傷つける嘘ではなく仲良くなるための嘘はついても問題ないというスタンスです。

友達になる「初デート」

初デートの目標は2回目のデートをOKしてもらうことです。

 

初デートで気をつけるべき3つのこと

①デート序盤は話しかけてあげる

②話題選びに注意する

③自分が話すよりも女性に話をさせる

この3つを意識しながらデートを進めていきましょう。

 

女性の扱いに慣れていないという男性は1回目のデート時間は短くしたほうがいいです。

女性と会話していれば必ず盛り上がるタイミングがやってきます。その盛り上がったところでスパッとデートを切り上げてしまいましょう。

 

これは「ピークエンドの法則」といって盛り上がったところでデートを終わらせまた会いたいと思わせる心理テクニックです。

ドラマとか盛り上がったところで来週へつづく、みたいになると気になって次も見ちゃうじゃないですか。それと同じです。

デート中に次の約束をする

2回目デートに繋がる確率が一番高い方法は1回目のデート中に2回目デートの約束をしてしまうことです。

1回目のデートで映画の話題になったら「次は〇〇の映画を見ようよ」などと言って2回目デートの約束を取り付けるのがGood。

友達以上を目指す

デートを重ね友達以上の関係に持っていきましょう。

深い関係を目指すためにはデート中に女性の悩みや愚痴を聞くことです。

 

とはいえ、「で、最近はどんなことに悩んでいるの?」

みたいに唐突に悩みを聞こうとしても

「え!なに急に…なんであなたに言わなきゃいけないわけ」などと反感を買ってしまいます。

 

ここでも自己開示が必要になってきます。

「ちょっとオレの悩み聞いてよ…」と自分の悩みから先に話していきましょう。

デート中盤くらいから悩みを打ち明けると女性も真剣に耳を傾けてくれます。

少し恥ずかしいエピソードなどを織り交ぜるのもGood。

なぜなら、そのエピソードに共感して、女性も愚痴や恥ずかしい悩みを教えてくれるからです。

 

あとは「今日話したことは二人だけの秘密だからね」と言えば、友達以上の関係の出来上がりです。

 

友達以上の関係になったらそれとなく自分の好意を伝えてみます。

男性のキャラにもよりますが、

「オレは〇〇ちゃんにぞっこんだから」

「けっこう〇〇ちゃんのこと気に入っているから」

このように少しポップな感じで伝えたほうがいいです。

 

そして女性の反応を見つつ、イケそうだと思えばそのまま告白してもいいですし、もう少しハッキリした反応を見たいという場合は手を繋げるか試してみてから告白するのもありです。

最後に

ここまで読んでいいただきありがとうございます。

このページでは本気で彼女が欲しい男性に向けた彼女を作る流れを解説してきました。

あとはこの「流れ」を意識しつつ行動をしていけば着実に彼女を作れる未来へと歩んでいくことができます。

 

ただし情報量の関係で彼女を作るための知識をすべて伝えきれていません。

 

たとえば、「友達⇒友達以上」に段階をあげるときの正しいコミュニケーション方法を理解していますか!?

コミュニケーションは会話から始まります。女性と仲良くなるための会話テクニックを学ぶことで彼女を作りやすくなります。

また、いままで無理そうだと思っていた女性とも付き合えるようにもなります。

 

「会話が苦手」という方は下のページを参考に女性にモテる会話術にも目と通してもらえたらと思います。

下のページでは

彼女を作る

女性とエッチする

という2つの目的を叶えるための会話術を紹介しています。

>>女性との会話が苦手な彼女欲しい男子へ!本気で女性に好かれる話し方のコツ「実践編」

 

また、女性とデートするところまでいくのにいつも2回面デートに繋がらないという方は聞き上手になれる方法のページを参考にしてみるといいと思います。

>>5.4倍モテる聞き上手になる方法 !女性との会話が苦手なモテない男子へ

 

マッチングアプリ「ペアーズ」を使って彼女を作りたいと思っているかたは下のページが参考になります。

>>今すぐ彼女が欲しい社会人はペアーズで彼女を作る!【上位10%に入る戦略を大公開】

このページでは9割の男性がミスしている「プロフィールとプロフィール写真」のコツについて深く解説しています。

マッチングアプリは上位10%に入り込むことができれば、入れ食い状態というスーパーボーナスタイムに突入します。

しかし、多くの男性はそのボーナスタイムに入ることなく脱落していきます。その理由は「プロフィールとプロフィール写真」の差別化ができていないからです。

マッチングアプリ攻略のためにネカマまでして完成させたボクのオリジナルプロフィール例文も載せてあるので興味のあるかたは是非読んでもらえたらと思います。

-彼女の作り方

© 2022 彼女が欲しい男性へ贈るジンの恋愛放送室